外壁が綺麗な家々

外壁塗装の塗料ごとに異なる耐用年数

外壁の塗装

外壁塗装に使用される塗料は様々な種類がありますが、その塗料の種類に応じて、耐用年数が変わることをご存知でしょうか?

塗料の種類が耐用年数にも影響している

塗料には、アクリルやウレタン、シリコン、フッ素、光触媒などの様々な種類の塗料があります。価格は、比較的安価なアクリル樹脂から順に高価になっていき、光触媒塗料はこの中では一番高額の塗料となっています。

基本的に、高額な塗料であれば耐用年数は長くなっていますが、上記以外の特殊な種類の塗料を使用したり、メーカーによって価格差があるため、一概には言えないのが現状です。
しかし、塗料の価格ばかりを重視していると、塗り替えが早い時期に必要になってしまうことに繋がるので注意が必要です。

長い目で見て外壁塗装の塗料を選択しよう

外壁塗装の塗り替えは、一度行って終わりではありません。今後も家に住み続けていく以上、外壁の塗り替えは定期的に必要不可欠です。だからこそ、目の前の塗料の価格にとらわれず、長い目でみて選ぶことが重要と言えるでしょう。

実際に現段階で使用している外壁の塗料がどのような種類の塗料かによっても、選択の幅が変わってきます。また、居住している地域によっても、耐用年数は変わってくることがあります。耐用年数は目安だということも頭に入れておきましょう。

最新記事一覧

記事一覧へ