外壁が綺麗な家々

新築から築何年で外壁を塗り替えるべき?

家

念願の新築であっても、いずれ訪れる外壁の塗り替え時期を知っておきましょう。

何年で外壁の塗り替えが必要なのか?

新築で建てた住宅は、一般的に築10年後を目安に外壁塗装が必要と言われています。外壁は、紫外線や酸性雨など、天候によって負担を一番受けやすい場所でもあるのです。
そのため、家を建ててから10年目を目安として外壁塗装工事を依頼するのがベストと言えるでしょう。

また、塗り替えは、一度きりではありません。外壁塗装は、10年ごとに行うのが理想と言われています。経済的な負担も考えて、事前に家族で話し合った上で、10年ごとにするのか、或いは15年程を目安に塗り替えをするのか決めておくようにしましょう。

外壁の塗り替えは、長く住み続けるために必要不可欠

外壁塗装は、長く家に住んで行くために非常に重要なことです。目で見て特に痛みなども分からず、大丈夫と思って外壁塗り替えをしないでいると、どんどん外壁は劣化していくでしょう。常に負担がかかるため、そのままにしておくと雨漏りや水の浸入の可能性があります。
また、数十年経ってから初めて外壁塗装をする場合、補修すべき箇所が多くなるため、費用が高額になってしまう可能性もあるのです。家を長持ちさせるためにも、外壁塗装は必要なことなのです。

最新記事一覧

記事一覧へ