外壁が綺麗な家々

外壁塗装ができない条件

外壁塗装業者さん

外壁塗装は、かなり条件が厳しくなっており、施工日であってもその日は作業できないという場合があります。では、どのような条件で外壁塗装ができなくなってしまうのでしょう?

外壁塗装ができない条件とは?

外壁塗装ができない条件として挙げられるのは、まず気温です。気温が5度以下になってしまうと、塗料が凍ってしまう恐れがあるため作業することができません。また、足場が凍ってしまうことで事故のリスクが高くなってしまいます。

もう一つ、湿度が85%以上になると作業ができなくなります。湿度85%以上は雨が降っている時でもあり、雨が降っていると塗料が乾きにくい、塗料に雨が当たってしまうと十分な効果を発揮させられなくなってしまうといったデメリットが生じてしまいます。そのため、このような条件では外壁塗装を行うことはありません。

外壁の結露・霜がある場合も塗装はできない

外壁に結露が発生していたり、霜が付いている場合も外壁塗装を行うことはできません。外壁に結露や霜が発生していると、その上から塗料を塗っても塗膜がうまく密着せず、そのまま流れてしまう可能性が高いためです。
外壁塗装は、時期をしっかり見極めてスムーズに作業が行える時期を考え、依頼するのが望ましいと言えます。

最新記事一覧

記事一覧へ