外壁が綺麗な家々

外壁塗装を行うならどの季節がベスト?

外壁塗装を行うのに最適な時期があります。外壁塗装で塗料を塗った後には、その塗料を乾かさなくてはいけません。
この塗料を乾かす作業に天候や気温が関係してきます。
ここでは、外壁塗装工事を行う前に知っておきたい適切なシーズンと季節ごとのメリット・デメリットをご紹介していきます。

外壁塗装に重要なのは気温と湿度

外壁塗装は、様々な塗料を使用して行われます。外壁塗装で重要視されているのは、塗料が硬化して乾燥しやすい気象条件ということです。
最適な気象条件の下で外壁塗装を行うことで、仕上がりにも差が出ることがあると言われています。

外壁塗装に適した気温は、およそ15~30度と言われており、湿度は75%以下が望ましい条件となります。そのため、基本的には1年を通して外壁塗装を行うことはできるでしょう。
中でも一番ベストなシーズンとして、気温や湿度が上記の外壁塗装に適するものになりやすいのが春や秋です。春や秋に外壁塗装をすることで、滞りなく作業を進めることもできるでしょう。

季節ごとでみた外壁塗装工事を行うメリット・デメリット

季節ごとに、施工時の条件が異なるのは当然のことです。では、季節ごとでみるとどんなメリット、デメリットがあるか比較してみましょう。

春の場合のメリットとして、気温も適温の日が多く、湿度も低いので塗料が早く乾きやすい季節です。工事の期間に窓を開けなくて済むので、臭い等が気になりません。また、天気が崩れにくい次期なので、作業が効率よく進みます。
逆にデメリットとしては、春になると黄砂が吹いたり、花粉が飛ぶ時期でもあるため、外壁に汚れが付着しやすい時期でもあります。
春は外壁塗装のベストシーズンであるからこそ依頼が多く、春のこの時期に外壁塗装を依頼しても、実際に施工するのは夏になってしまう場合もあるので、早めに予約をしておきましょう。

夏に外壁塗装をを行う場合のメリットとして、やはり塗料の乾きが早く、作業効率が良いとされています。そのために、外壁塗装の仕上がりも綺麗になりやすいでしょう。
デメリットとしては、夏は暑いために窓を閉めきることが難しい時期となります。施工によっては、エアコンが使えなくなってしまう時もあるので、かなり暑苦しくなってしまうでしょう。また、積乱雲が発達しやすく、夕立で作業が中断されることがあります。

外壁塗装を秋に行うメリットは、気温や湿度が適した条件になる場合が多く、作業は進みやすいです。こちらも春同様に外壁塗装のベストシーズンと言えます。
秋に外壁塗装を行うデメリットは、台風などの影響から雨が続くことが多くあり、工事が思うように進まないことがあります。さらに春のデメリットと同じように、外壁塗装業者にとって忙しい時期でもあるため、希望の日時で工事を行うことができないこともあるでしょう。

冬に外壁塗装を行うことに、これといって大きなメリットがあるわけではありませんが、雪が降っていなければ外壁塗装工事は可能となるので、春や秋のベストシーズンに比べると施工の予約は取りやすく、希望日にやってもらえる可能性は高いです。
デメリットとしては、気温が低い日が続くため、外壁塗装の作業が進みにくいことです。天候や気温によって作業中止となる可能性が高くなってしまいます。また、積雪があるエリアだと施工ができなくなってしまうため、地域ごとに何月まで外壁塗装工事が可能かを確認しておくことが大切です。

外壁塗装をいつするか、事前に決めておくことが大切!

外壁塗装業者にとって繁忙期になる春と秋は、外壁塗装をする上で良い条件が揃っています。実際に外壁塗装を計画される方の多くが、春か秋を選択していることになります。外壁塗装を考えているのであれば、工事がスムーズに行きやすい季節を考えて依頼するようにしましょう。
春と秋であれば、若干春の方が工事しやすい時期と言われています。それは、悪天候のリスクが最も少ない時期とされているからです。
せっかく外壁工事をお願いするのであれば、工事期間をなるべく短期間で、また仕上がりもより美しい方が望ましいでしょう。外壁塗装をする時期を事前に考えておくのは非常に重要なことなのです。

そこでおすすめしたいのが、大阪の堺市にある「大林建装工業」さんです。こちらの外壁塗装業者さんは、着工前に工事工程表を作成し、施工の段取りをきちんと行ってくれます。施工期間中も日々の交換日記として、1日の施工内容なども報告してくれます。もし、大阪の堺市で外壁塗装業者をお探しの方は、こちらに依頼してみてはいかがでしょうか。

最新記事一覧

記事一覧へ